我家で暮らしている愛犬達の日々の生活を覗いてみてはいかがでしょう?


by reikyara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

速報~♪

何の速報かって???(笑)
今日はアジリティ競技会に行ってきました。出走犬は勿論、レイです。
愛里はレイの応援&場馴れの為に一緒に連れて行きました。
今日はクラブアジリティだというのは、出走数が多くてびっくり!
クラブは2度と3度レベルの人が一緒のコースを走るので
2度は出走数が60走でした(@o@)
私とレイは2度コースを走るのは今日でまだ3回目です。
しかも、何とかノーミス完走を出来ればそれで良いや・・・という感じなのですが、
今日、同じコースを走っていた3度のワンちゃんやハンドラーの方々は
いかにミスなくタイムロスを減らすようなラインを走るか・・・ということが
課題のような感じでした。(-_-;ウーン、レイ&私ペアとはレベルが違いすぎます!
最近は、仕事が忙しくてまともに練習すら出来てない中での競技会。
どうなることやら・・・と思っていたけど、やっぱり、苦手なスラロームで
AG2は失格になちゃいましたね(泣)
そんな下手っぴ~なハンドリングですけど、見てみますぅ?
今回はAG2&JP2共にバーの高さが35センチ。レイの体高の2倍あるバーの高さです。
レイにとっては酷かな?飛べるかな?バーの高さ35センチは、練習でも
飛んだことが無い高さでした。しかし、そんな私の心配をよそにレイは
途中、シーケンスでは地面の匂い嗅ぎをしたものの全体的には
楽しそうにジャンプしてくれました。とぉ~っても嬉しかったです。
まっ、AG2は失格になっちゃったけどね( ̄o ̄;)ボソッ
でも、JP2は頑張りましたよん!タイム減点はあったけど、完走しました。
私は走っている間、心の中でレイ、むっちゃ走るの遅いやん、トロトロやん・・・って
思っていたけど、後で終わってからビデオを見て、バーの高さが35センチで
最後までバテずにミスなくよく走ってくれたんだなぁ~と感心しちゃいました。

【AG2】
距離:172m
標準タイム:48.00秒
旋回スピード:3.54m/s
-----------------
<レイの結果>
失格
-----------------
<集計Data>
出走数:60走
Perfect Run:7頭 11.48%
失格:29頭 47.54%←レイはこの中に入ってるんやね!
棄権:1頭 1.64%
完走:31頭 50.82%
※「Perfect Run」と「完走」の違い
 Perfect Run=ノーミス完走
 完走=失敗&拒絶のミスが2回以下、もしくはタッチが出来なかった等による
      ミスはあったが、最後まで失格にならず走れた

【JP2】
距離:172m
標準タイム:43.00秒
旋回スピード:4.0m/s
-----------------
<レイの結果>
席次:43席中36席
Time:54.21秒
Time減点:11.21
旋回スピード:3.17m/s
-----------------
<集計Data>
出走数:60走
Perfect Run:17頭 27.87%
失格:17頭 27.87%
棄権:1頭 1.64%
完走:43頭 70.49%←この中にレイが入ってるんやね!

【今日の競技会を終えて】
35センチバーだったのにもかかわらず、旋回スピードが3.0m/sを超えれた
ことがとても私にとっては嬉しかったです。
レイは一生懸命私に応えるべく走ってくれていたんですね!
ちなみにレイが旋回スピード3.0m/s以上になる時は、レイにとって
MAXで走ってくれている時が多いのです。そう考えたら、はやり、
私の「トロトロ走ってるぅ~」と少しでもレイに対して思ってしまったことは
反省しなければならないですね。レイに申し訳なかったです。
周りのワンちゃんが確実にPRでしかも凄く早かったので、そう思ってしまったのです。
でも、レイはレイなりに凄く頑張っていたんですね。結果発表を見てから
そのことに気が付きました。私は周りに流されてレイ自身の頑張りを
みてあげていなかったのです。今日は本当によく頑張ってくれたと思います。
だって、私、コース間違いをしそうになったんだけど、レイは他の障害も飛ばす、
私の誘導にしっかりついてきてくれました。レイが私のミスをフォローしてくれたのです。
アジリティはハンドラーのミスを犬がカバーしてくれたりもするんですよね。
私はやっぱり、愛犬と一緒に楽しめるアジリティが大好きです。
今日は本当に楽しく過ごせたし、レイの私に対する敬意も走っている中で
感じ取れることができました。そうやって、これからも愛犬との絆を深めていきたいです。
[PR]
by reikyara | 2007-04-15 23:58